FC2ブログ
2008.10.28

不合格でいいんじゃない?

服装、態度で22人不合格、成績は圏内
県教委は、受験者、保護者の希望があれば入学させることも検討する。
という記事が目にとまりました。(10月28日17時9分配信 時事通信)

何で希望があれば入学させることを検討するんでしょうかね。
不思議です。
だって、高校は義務教育ではありません。
単に“おとなしくいい子”を合格させるのは?ですが、、
より自分の高校の発展に“貢献してくれる生徒”を合格させたいと願うのは当然です。

子どもにとっても大切な場面であることに変わりはありません。
“入試”は、子どもたちはそれまであまり経験したことのない(ほとんどの子どもにとってはとても少ない経験でしょう)“相手に選ぶ決定権がある”という貴重な体験をできる場面にいるわけです。

受験当日はもちろんのこと、願書を取りに行くとか、体験入学に行くとか、
すべての行為が合否に結び付くかもしれないというくらいの緊張感があってもいいと思います。

受験当日や面接では猫を被り(ネコさんごめんなさい)
それ以外は何をしてもOKなんてのはとんでもない思い違いです。

もっとも法に則って運営するのが公立校の宿命ですから
不合格にさせたのが“選考基準”に従わなかったのはまずかったですね。
それと『先生方の負担軽減』この発想もあまり感心しません。
『この子をこのまま成績だけで合格にするのはこの子のためにならない!』
と考えれば良かったのではないでしょうか。

そこで、提案です。
来年度の入試からは
“受験当日のみならず、本学校内におけるあらゆる場面を選考対象とする”と
選考基準を変えてしまえばいいのではないでしょうか。

少し乱暴ですか?

でも、現代の世の中
“文句を言った者勝ち”みたいな風潮にはちょっと疑問をもっているもので…

記事全文は下記の通り
『神奈川県教育委員会は28日、県立神田高校(平塚市)で2004、05、07年度に行われた入学試験で、内申書、学力試験、面接の総合的な成績順位は合格圏内に入っていたのに、願書受け付け時の服装、態度などが悪く入学後の生徒指導が困難と判断した受験者22人を、選考基準に従わず不合格にしていたと発表した。
 県教委は、受験者、保護者の希望があれば入学させることも検討する。
 記者会見で渕野辰雄校長は、「先生方の生徒指導の負担軽減とまじめな子をとっていきたいという思いだけだった。大変申し訳なく思っている」と陳謝した。』 


にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

この記事へのトラックバックURL
http://soratobumikeneko.blog64.fc2.com/tb.php/81-595b4435
この記事へのトラックバック
昨日の話に皆さんからコメントをいただいてとてもうれしかったです。 でも、その校長先生、異動になっちゃいましたね。 今日の記事(2008年1...
校長先生、異動になっちゃいましたね。 | 思春期子育て at 2008.10.29 22:05
この記事へのコメント
教育や教育以外にも、「文句を言った者勝ち」っていう風潮には、私も疑問を感じています。

そんな風潮になった理由ははっきり分からないですけど、、「文句を言った者勝ち」って感じる場面が、日常生活で私は多いです。

心に余裕がない証拠なんじゃないかなと思ったりもしています。

Posted by Toshi at 2008.10.29 07:03 | 編集
自分も不合格でいいと思う。
なんでそんなに問題になってるのか分からない。
選考基準外の採点で不合格?なにそれ?って感じですね。

内申書や面接時の態度がいいのは当たり前。
願書交付時の態度の悪さを覚えていた学校側に拍手を送ると同時に、そこまで悪印象を与えた生徒に猛省を促したいですね。
Posted by 二十八歩 at 2008.10.29 12:01 | 編集
ダンナとも話してました、
いいんじゃないの?不合格、って。
あたしの読んだ記事では
先生がこっそり生徒の様子を観察して
密かにメモメモってチェックしてたみたいなことが書いてあって
まぁ、このこそこそ感がちょっとやらしーけど、
堂々と態度や身なりもチェックするよと
言っとけばよかったのにねーとは思いましたけど。

モンクは言ってもいいけど
それをバカなこと言ってんじゃねーって却下する、
勇気?決断力?常識?責任感?
よくわかりませんがそういうのが
なさ過ぎる気がします。
Posted by ねこまた at 2008.10.29 14:23 | 編集
★ねこまたさんへ
ダンナさんとお話していたんですか? 
いいですね、そういうの。
“先生がこっそり生徒の様子を観察して密かにメモでチェックしていた…” それは知りませんでした。
ねこまたさんのおっしゃるように、“試験以外の様子も見るからね!”と堂々と言っていれば良かったですね。

★二十八歩さんへ
“内申書や面接時の態度がいいのは当たり前。
願書交付時の態度の悪さを覚えていた学校側に拍手を…”
…まったく同感です。
おそらく、それに文句をつけた誰かがいて今回の記事のようになったと思うのですが、文句を言うより猛省ですよね、この場合。

★Toshiさんへ
選考基準になかったのはまずかったかもしれませんが、何も“希望があれば合格させる”というところまでしなくてもいいのに…と思います。
それではきっとこの子たちのためにならないですよね。

みなさん! 
コメントありがとうございました。
自分でもちょっと過激かなと思うところもあったのですが、皆さんのコメントを読ませていただいて安心しました。
もちろん、いろんな考え方があると思います。
でも、何かがあった時、人を責める前に自分を振り返りたいものだと自省を込めて、あらためて思いました。

Posted by 空飛ぶミケ猫 at 2008.10.29 21:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する