--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

2013.01.12

体罰ではなく「暴力」であり、「虐待」

大阪市立桜宮高2年でバスケットボール部主将の男子生徒が顧問から体罰を受けた後に自殺した問題で、いろいろな人がメディアで語っている。
しかし、今まで尊敬できると思っていた人でも「自分も手を上げたことがあるが、後のフォローが大事」などと体罰を容認するような発言をする人が意外に多い。
だいたい体罰という言葉がよくない。これは単なる暴力であり、立派な傷害事件。

そんな中、「そう、そうなんだよ」とうなずけることを言っている人がいた。
桑田真澄さん。
興味があったら是非お読みください。
私は、長く教育界にいましたが、体罰や暴力はどんなに理由をつけても、正当性はかけらもありませんから。

桑田さんの文は続きから


---------------------------------

私は中学まで毎日のように練習で殴られていました。小学3年で6年のチームに入り、中学では1年でエースだったので、上級生のやっかみもあったと思います。殴られるのが嫌で仕方なかったし、グラウンドに行きたくありませんでした。今でも思い出したくない記憶です。

 早大大学院にいた2009年、論文執筆のため、プロ野球選手と東京六大学の野球部員の計約550人にアンケートをしました。

 体罰について尋ねると、「指導者から受けた」は中学で45%、高校で46%。「先輩から受けた」は中学36%、高校51%でした。「意外に少ないな」と思いました。

 ところが、アンケートでは「体罰は必要」「ときとして必要」との回答が83%にのぼりました。「あの指導のおかげで成功した」との思いからかもしれません。でも、肯定派の人に聞きたいのです。指導者や先輩の暴力で、失明したり大けがをしたりして選手生命を失うかもしれない。それでもいいのか、と。

 私は、体罰は必要ないと考えています。「絶対に仕返しをされない」という上下関係の構図で起きるのが体罰です。監督が采配ミスをして選手に殴られますか? スポーツで最も恥ずべきひきょうな行為です。殴られるのが嫌で、あるいは指導者や先輩が嫌いになり、野球を辞めた仲間を何人も見ました。スポーツ界にとって大きな損失です。

 指導者が怠けている証拠でもあります。暴力で脅して子どもを思い通りに動かそうとするのは、最も安易な方法。昔はそれが正しいと思われていました。でも、例えば、野球で三振した子を殴って叱ると、次の打席はどうすると思いますか? 何とかしてバットにボールを当てようと、スイングが縮こまります。それでは、正しい打撃を覚えられません。「タイミングが合ってないよ。どうすればいいか、次の打席まで他の選手のプレーを見て勉強してごらん」。そんなきっかけを与えてやるのが、本当の指導です。

 今はコミュニケーションを大事にした新たな指導法が研究され、多くの本で紹介もされています。子どもが10人いれば、10通りの指導法があっていい。「この子にはどういう声かけをしたら、伸びるか」。時間はかかるかもしれないけど、そう考えた教え方が技術を伸ばせるんです。

 「練習中に水を飲むとバテる」と信じられていたので、私はPL学園時代、先輩たちに隠れて便器の水を飲み、渇きをしのいだことがあります。手洗い所の蛇口は針金で縛られていましたから。でも今、適度な水分補給は常識です。スポーツ医学も、道具も、戦術も進化し、指導者だけが立ち遅れていると感じます。

 体罰を受けた子は、「何をしたら殴られないで済むだろう」という後ろ向きな思考に陥ります。それでは子どもの自立心が育たず、指示されたことしかやらない。自分でプレーの判断ができず、よい選手にはなれません。そして、日常生活でも、スポーツで養うべき判断力や精神力を生かせないでしょう。       <桑田真澄>

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

この記事へのトラックバックURL
http://soratobumikeneko.blog64.fc2.com/tb.php/623-5bc24e37
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
空飛ぶミケ猫さん、こんにちは。

ご自身も体罰を体験された桑田真澄さんのおことば、
ひとつひとつ頷きながら読ませていただきました。
指導者というのは、ご苦労も多いかと思いますが、
結果を出すことを第一の目的とするのではなく、
子どもが生き生きと輝いて生きていけるように、
それぞれの子どもにあった対応をしていただきたいと思います。
二度と、このようなことが起きないよう、祈るばかりです。


Posted by petero k at 2013.01.12 16:39 | 編集
こんばんは

スポーツは
勝つためだけにするのでしょうか?
名誉を得るためにするのでしょうか?

確かに勝ち負けがなくてはつまらないのかもしれませんが
そのために、純粋に「好き!」とか「楽しい!」とか感じなくなるのだとしたら・・・
本末転倒では?と思います。
自尊心や命までも投げ出して勝ち取る勝利ってなんなのでしょう?

指導、教育とは
その子の持ち味を発見すること
エンパワメントを信じて疑わず見守ること、歪めないこと・・・
決して教え子のココロを痛めつけたり、服従させたりすることではないはず

上下の関係を作らなければ教育できないとしたら、
教育者として大人として未熟なのではないかと思います
本当に偉大な方ほど、腰が低く穏やかであたたかいです・・・

事後報告ですが、リンク再開させていただきました v^^




Posted by にゃお美(どんぐり) at 2013.01.12 22:10 | 編集
お久しぶりです
お元気だとわかってホッとしました^^

桑田さんの記事今日の新潟日報に出ていましたね
死を選ぶほど辛かったなんて本当に可哀想でした
これをきっかけに競技者の環境が向上してくれるように願います
Posted by ひまあゆ at 2013.01.13 10:48 | 編集
ボスの姉は、中学高校をバレーボール一筋でした。
中学生の時に、顧問の先生から平手で頬を叩かれ、真っ赤に頬を腫らして帰って来ました。
母は激怒!!
学校に連絡し、先生を家まで呼びつけました。

そして、校長・母・当事者の姉と顧問で話し合い?がありました。

当初は体罰と認めなかった顧問も、「感情」で殴ったことを校長の前で認め、姉に謝罪しました。

「感情」で殴る。
体罰のほとんどが、これでしょう!
自分の意に添わなかったからでしょう。

今後、このような事件が起こらないことを、ただただ願うばかりです。
亡くなられた生徒さん・ご遺族に心よりご冥福を祈ります。
Posted by ボス。 at 2013.01.13 17:26 | 編集
petero k 様

コメントありがとうございました。
おっしゃる通りです。
結果第一主義が招いた部分は大きいと思います。そこには指導者のおごりが感じられます。

また、結果を出すものに対しては、他のことに多少の難があっても容認する学校や、長いものには巻かれろという保護者の姿勢にも問題があると思います。

もっとも、この学校の場合はすでに犯罪の域であり、いかなる理由があっても容認はできませんが…。
Posted by ミケ猫 at 2013.05.27 16:02 | 編集
にゃお美様、コメントありがとうございました。
おっしゃる通り、教育は「その子の持ち味を発見すること」であり、それを伸ばしてあげることだと思います。

しかし、特に体育系の指導者の中には旧態依然とした上下関係を死守しようとして必死に見えます。
力で指導し、力で統率しようとします。
逆に言えば、力を使わなければ指導ができない、つまり自分は無能であることを示しているようです。

ただ、惜しいかな、そういった教育をやって、成績を残す学校や団体があり、なかなかそこから抜けることが出来ないのが現状のようですね。

よりよい教育が行われることを望みたいです。
Posted by ミケ猫 at 2013.05.27 16:08 | 編集
ひまあゆさん、コメントありがとうございます。

元気でした。
心配してくださって嬉しいです。
でも、その後またブログを中断してしまって…。

元気なのですが、仕事が忙しくて…
いやいやそれは言い訳ですね。
意志が弱いんです。
強くなろうと思います。
Posted by ミケ猫 at 2013.05.27 16:10 | 編集
ボスさん、コメントありがとうございます。

勇気と実行力のあるお父さん、お母さんですね。
「その後」のことを考えるとなかなか踏み切れないご家庭が多いと思います。
いわゆる泣き寝入りですね。

悲しい事件ではありますが、これを気に「泣き寝入り」が少しでも減ること。さらには、もともとそういう暴力行為が行われないことを望むばかりです。
Posted by ミケ猫 at 2013.05.27 16:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。