FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

2012.11.29

広い海へ出てみよう東京海洋大客員助教授・さかなクン

とっても個性的なさかなクン、
彼の話す言葉には何とも言えない説得力があります。

「外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。広い空の下、広い海へ出てみましょう。」
…その通りだと思います。

引用した記事は  …続きを読む… から

sakanakun.jpg




 中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。いばっていた先輩(せんぱい)が3年になったとたん、無視されたこともありました。突然のことで、わけはわかりませんでした。

 でも、さかなの世界と似ていました。たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽(すいそう)に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃(こうげき)し始めたのです。けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

 広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。

 中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。でも仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。話をきいてあげたり、励ましたりできなかったけれど、だれかが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。

 ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。広い空の下、広い海へ出てみましょう。

(朝日新聞2006年12月2日掲載)

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

この記事へのトラックバックURL
http://soratobumikeneko.blog64.fc2.com/tb.php/620-3a42f4bb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
空飛ぶミケ猫さん、こんばんは。
大雪、大丈夫でしょうか?
年越し寒波はかなり強いようですので、
くれぐれもお気を付けくださいね。
どうかよいお年をお迎えください。
Posted by petero k at 2012.12.30 23:20 | 編集
petero k さん、メッセージありがとうございます。
雪が一気に降るのでなかなか大変です。
家の中にいるのはいいのですが、出かけると道路状況が悪いですね。
まぁ、それが雪国ですので…
今年もお互いに良い年にしましょう(*^◇^)/
Posted by ミケ猫 at 2013.01.02 14:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。