FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

2012.11.15

人事部は就活生たちのFacebookのココを見ている

タイトルの「人事部は就活生たちのFacebookのココを見ている 」を興味深く読んだ。

これは企業がFacebookページを作って活用しているだけでなく、
就活生のFacebookを見ているというのだ。

そこまでやるかと言いたいところだが、
そういえば大企業などは昔から興信所などを使っていろいろ調べていたわけだし…

これは、いくら面接で猫をかぶってもFacebookページを見るとその人物像がリアルに浮かんで来るということだが、考えようによっては良さもある。

短時間の面接などではすべてを理解してもらうことは難しく、一発勝負的なところがあったが、
Facebookでは友達の数や、そのやりとりの内容から総合的に理解してもらうことができる。
しかも、数ヶ月程度でそれらを作り上げることはできないわけで、
長い期間の取り組みが正当に評価されるとも言える。

こうやって考えてみると、これからを担う子どもたちには、
こういったツールと上手につきあっていくことも大切だ。

それに、私たち仕事に携わる人間にとっても同じことが言える。
営業の一場面だけではわからない面が
Facebookでは総合的に浮かび上がってくる。
これは脅威ではなく、チャンスですね。

参考にした記事は次の …続きを読む… からどうぞ


-------------------------------

人事部は就活生たちのFacebookのココを見ている

週プレNEWS 11月15日(木)10時30分配信


ソーシャルメディアを活用した就活(ソー活)が広がっている。Facebookに採用ページを開設する企業が増えただけでなく、こうした企業の人事担当者は就活生の個人アカウントの確認までしているという。

そもそも、“ソー活”先進国であるアメリカでは、どのように活用されているのか。ITジャーナリスト・高橋暁子氏によると、主に「就活生の人柄」のチェックに使われているそうだ。

「例えば素行の悪い写真や人柄が疑われる書き込みなどにより、採用対象から除外されるケースも。さらに名前をネット検索して“何も出てこない”学生も問題視されます」(高橋氏)

振り返って、日本の人事部はどうか。企業向けにFacebook採用のコンサルティング業務を行なう「ちかなり」の兵頭秀一氏が語る。

「ある不動産会社の採用担当グループは、面接試験の後で別室に集まり、パソコンを囲みながら受験者のFacebookチェックを行ないます。最初に見るのは『友達』の数。ある女のコの場合、面接で物静かだったのに、Facebook上で300人近くの『友達』がいて、書き込みごとに数十件ものコメントがつき、ページ全体が活性化していたと。ここに着目した採用担当者は『これは人望がないとできない』と評価を逆転させました。面接じゃわからない素の様子を知るツールとして企業はFacebookを見ています」

では、友達の数のほかにはどんなところに注目しているのか。人事コンサルティング会社、パソナキャリアカンパニーの新卒採用に携わっている佐野創太氏が答える。

「当社では、社内ベンチャーや新事業立ち上げに積極的に関わってほしい『イノベーター枠』の人材に限っては主にFacebookで採る方針です。すでにインターンシップの面接で絞り込んだ採用候補の数名とFacebook上でつながっていますが、私は友達の数よりも質を見ますね。他大学や社会人に『友達』がいるか。あるいは、もし外国人の友達がいて、大勢の外国人の中で本人が笑って写っている写真なんかがアップされていたら評価は上がります」

さらに佐野氏は、こう続ける。

「学生のページを開いて目に入るのがプロフィール。掲載写真がキャラクターになっていたり、顔を伏せていたり、出身地、大学名など基本データに記載がないと、そもそもこの学生はソーシャルメディアに向いてないんじゃないかと思ってしまいますね」(佐野氏)

兵頭氏によると、「Facebookを見る採用担当者にとっては、個人データよりもむしろ “自分をさらけ出せるタイプか、包み隠すタイプか”を知ることが重要」なのだという。

つまり「ソー活をする以上は自分をさらけ出せ」ということだが、それでは飲み会で酔いつぶれているような写真をアップしてもいいのか。佐野氏の考える、採用除外となりかねない、ギリギリのラインはこれだ。

「『受付嬢がキレイだったなう』とか、会社や面接官など特定の対象をあげつらう書き込みをする学生は、入社後に企業の機密情報を漏らしかねない。ソーシャルな場で出していい情報と、出しちゃいけない情報の正しい判別ができない人はちょっと……」(佐野氏)

ソーシャルメディアとはいえ、結局のところ問われているのは、本人の「社会人として当たり前の常識があるか」という点に尽きるのかもしれない。

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

この記事へのトラックバックURL
http://soratobumikeneko.blog64.fc2.com/tb.php/608-6436ee3e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。