FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

2012.11.05

通知表の事前確認中止 批判受け通知撤回

先日、通知表内容を事前開示 横浜市教委 保護者に確認求めるで事前開示のことについて書きましたが、市教委が撤回しましたね。

2つ疑問が残りました。

ひとつはこれほどの内容について、事前に教育委員に話がいっていなかったこと。
だから教育委員は“飾り”などと言われるのでしょう。

もう一つは、実際に187校で928件のミスが発覚したこと。
教師の責任を投げ出すかのような事前開示の方針でしたが、
現場にはそれほどの危機感がないということですね。

記事は …続きを読む… をクリックしてください。
<横浜市教委>通知表の事前確認中止 批判受け通知撤回

毎日新聞 11月5日(月)21時22分配信

 横浜市教育委員会は5日、市立の全小中学校長に対し、配布前に通知表の内容を児童・生徒や保護者に確認してもらうよう求めた通知を撤回すると発表した。通知表の誤記載が相次いだための措置だったが、市民だけでなく市教育委員や市議からも批判が強く、取りやめることにした。
 横浜市では昨年11月~今年10月、計235校2916人の通知表で誤記載があった。市教委や校長で構成するプロジェクトチームが、校内での点検徹底に加え、成績や出席日数を児童・生徒らが事前確認する方針を決め、市教委事務局が7月2日に市内506校に通知した。

 ところが、通知が報道された先月末以降、「学校の責任放棄だ」「教師の使命感やプライドの喪失につながる」などの声が市民や市議から次々と寄せられた。通知内容は市教育委員に伝えておらず、委員全員が反対したという。ある中学校によると、事前確認に対し、保護者から成績への不満が寄せられたケースもあったという。

 一方、市教委が小中学校全492校について事前確認の実施状況を調べたところ、小学校62校、中学校15校が全く実施していなかった。理由は「十分な組織的点検を行った」が多く、「違和感、不信感、混乱を招く」との声もあった。ただ、事前確認によって、計187校で928件のミスも発覚していた。

 山田巧・横浜市教育長は「多くの批判を頂いたことを真摯(しんし)に受け止めたい」とコメントした。

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

この記事へのトラックバックURL
http://soratobumikeneko.blog64.fc2.com/tb.php/601-056603cb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。