FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

2009.11.30

賃金格差の拡大が中学受験を過熱化させる?

 失業者が増えている中で、仕事に就いているだけでありがたいような気がします。
でも、そういう中にあって、仕事に就いている人の賃金格差が徐々に広がっているようです。


IMG_0678.jpg

実は記事は昨日紹介した“中学受験……選択肢を広げるために”で紹介した記事の続きなんです。

冒頭にも書いたように、「仕事があるだけいいや」と思っているうちにどんどん賃金格差が広がっているのだとしたら怖いですね。

そういった厳しい雇用の渦中にある30~40代の男性が我が子の教育投資に熱心になっているようなところがあるようです。

基本的には昨日、記事に書いたとおり、ただ将来を安泰にするために、というなら私は弊害の方が多いような気がします。
それも本人が望むならまだしも、親が強制するようでは……

どうせ、中学受験をするなら、親子ともに幸せになれるような“受験”を目指してほしいと思います。
そして、中学受験に縁のない私のような者も、そういう実態があることは知っておきたいものですね。

【ニュースに見つける思春期子育てヒント】
中学受験の実態を知る

◇賃金格差拡大背景に、父親も過熱


 進学教室サピックス小学部(東京都中央区)の広野雅明広報・企画部長は「保護者会などで父親の参加率は高まっている」と話す。週末なら会場の4分の1は父親だ。面談も両親で来る家庭が増え、進学先を父親がリードすることも珍しくないという。

 教育費の負担が重いにもかかわらず、中学受験が広がったのは、男性の賃金格差の拡大などの雇用状況の変化が影響しているとの見方が多い。

 労働政策研究・研修機構の堀春彦研究員は「高卒と大卒の賃金格差は拡大傾向にある。経済のグローバル化や、IT導入で高卒需要が減り、スキルの低い仕事を中心に非正規雇用が広がったためだ」と分析する。

 大卒男子の格差も開いているという。賃金のばらつきを示す「十分位分散係数」をみると、2000年以降は各年代でばらつきが広がった。比較的入社歴の浅い20、30代でも広がっており、90年代以前にはなかった現象だという。

 この原因とみられるのは、高齢化で年功賃金を維持できない企業が成果主義的な制度を導入したり、市場から資金調達するため短期の成果を重視する企業が増えたことだ。大企業でも社員を大量採用し、全員を教育訓練する余裕はなくなってきている。高卒需要はさらに減り、大卒労働者も選別の年齢が早まるとみられている。堀研究員は「(厳しい雇用の)渦中にある30~40代の男性が我が子の教育投資に熱心になってもおかしくない」と指摘する。
毎日新聞 2009年11月29日 東京朝刊

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

この記事へのトラックバックURL
http://soratobumikeneko.blog64.fc2.com/tb.php/491-8cdff2c4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
目指す物が何で・・その為に必要な勉強なら良いけど・・
ただ・・学校だけ出ても・・使えないやつは使えない(笑)。
高卒でも~大きなビルを建てる人もいるしね~(笑)。
まあ・・勉強も大切ですが・・1番必要なのは人付き合いの上手さですかね・・。
良い話は人が持って来るから(笑)。
それに・・何をするにも・・力になって助けてくれるのも人ですから。
子供には・・本当の生きる力・・を身につけさせたいものですね。
Posted by mimi at 2009.12.01 12:20 | 編集
うちはだいたいにして
大学に行かれるような頭のいい子がいない(^o^;)
高校も今年は本当に就職が厳しいそうです。

だから とにかく食べ物を自給する
百姓力を磨いて半農半Xをめざそうかな。
Posted by 園長 at 2009.12.01 20:03 | 編集
■mimiさんへ
おっしゃる通りだと思います。
私も営業に動きますが、そうやって入ってくる仕事はごくわずか。
今している仕事のほとんどは、人のつながりの中でいただいているものばかりです。
コミュニケーション……大切ですね。

■園長さんへ
私の実家も農業でした。
とても大切な仕事だし、おもしろい部分もたくさんあると思います。
もし、あのまま私が農業を継いでいたら……。
それもおもしろい展開になっていたかもしれません。
お仕事お疲れ様です!
Posted by 空飛ぶミケ猫 at 2009.12.01 21:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。