--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

2009.07.12

今までの軌跡

私は末っ子の長男として産まれ、決して楽ではない生活の中で大切に育てられました。
5人目で初めての男子、今から半世紀も前の田舎ですから、「大切」という意味がわかると思います。
そして、結果的にやや過保護に育てられることになります。

幼い頃は保育園から逃げ帰り、仕事に行こうとする母を何度落胆させたことか。
小学校時代、学校に行くのが嫌で数日休むこともたびたびありました。今で言う不登校ですね。
中学校ではスポーツは苦手でしたが成績は上位の方で、学校を休むことはありませんでした。
兼業農家の長男として産まれ、将来の夢を持たずに育ったため、高校に入り学習意欲を失いました。

高校を卒業して公立学校中学校の事務職員になりました。
教務室は“先生”中心の社会です。
そのころ、自分の将来には誰にでも愛される事務職員か、卑屈になって自分の世界に閉じこもる事務職員か2つの道があるように思いました。

ところが、その後、素敵な先生(おばあちゃん先生でした……)に出会い、
彼女が一生取り組んだ“先生”に私もなりたいと思い、教員を目指すことにしました。
そして大学の通信教育で学びました。

中学校の教師になった最初の年から学級担任をした私は無我夢中でした。
今思えば至らぬ教師だったろうし、無茶もしました。
その頃は“荒れる中学校”全盛時代でした。
そして、いつの間にか“荒れる学校”を立て直すことに情熱を注ぎ、大きな充足感も得ました。

生涯一教師を目指し、常に前線に立つことを思い描いていました。
でも、年令と経験が邪魔をし、やがて“○○主任”という立場が多くなりました。
振り返ってみれば10年も学級担任から遠ざかっていました。

学校は様変わりしてきています。
それまでの育ちの中の矛盾や歪みを子どもたちが“荒れる”という形で発散することは少なくなりました。
でも、その矛盾や歪みがその子の“自分の中”に渦巻いています。
もちろん、学校の体制やリーダーシップも大切ですが、
親の役割とともに、学校では学級担任の仕事がとても重要になってきました。

前線から外れた私はもどかしさと、やるせなさを感じることが増えました。
そんな時、最後の赴任校で、思わぬ人たちと出会いました。
私がかつて担任した子たちが保護者となっていたんです。

親の中には、子育てに迷い、悩み、困っている人がたくさんいます。
そこで、校長の許可を得て、私が主宰して“思春期の子をもつ親のための勉強会”を数回開きました。
多くの方の共感と感謝の言葉をいただいた私は、おのずと次に進むべき道を示されたようでした。

もともと若い時から独立願望をもっていました。
つまり、雇われて給料をもらうのではなく、自分自身で“何か”をしたいと……。
それらの思いが心の中で混ざり合い、残り10年を残して早期退職することにしました。
その思いを妻に話すと、一言「いいよ」と言ってくれました。
振り返ってみれば事務職員として6年、教員として26年、計32年間の中学校生活でした。

その後1年間は知り合いの会社に勤め、2009年春からフリーとなりました。
フリーとなっても妻に生活のすべてを甘えることはできません。
その後は、デザイン制作の仕事の仕事をしています。

ある時、出会った方から「あなたの使命は何?」と問われました。
そんなことをそれまで考えてもみなかった私は困惑しました。

その後、様々な自己啓発セミナーに参加しました。
また、デザインの仕事のご縁で多くの経営者の方と出会いました。
そんな中で、一線で活躍されているかたにある共通点を見いだしました。

それは、いずれの方も「貢献」されているということです。
単にお金儲けに走るのではなく、何かしらの貢献をしている。
あるいは貢献することでさらに事業を拡大している。
…上手に言えませんが、「生きている!」そんな印象を持ちました。

私が人様に役に立つこと、貢献できることは何かと言えば、それはやはり教育に行き着きます。
特に思春期の子どもたちの接し方や伸ばす方法は私の身体の中に染みついているようなものです。

ところが、いつしか目先の仕事が忙しくなり、ブログの運営も中断していました。
ただ、思ってもやらなければ何にもなりません。
少しずつ、今までの内容を整理しつつ、より役立つような情報提供に努めたいと思います。
2013年1月3日 内容修正


にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

この記事へのトラックバックURL
http://soratobumikeneko.blog64.fc2.com/tb.php/328-8a1ae52c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ミケ猫さんはやっぱりただ者じゃなかったのね~
すごいですね!事務職員をしながら通信で大学の
通信教育で勉強して先生になるなんて!
しかも、普通の奥様なら定年退職まで待って
しっかりと満額の退職金を望むはずなのに
あっさりOK!をくれるって、良い夫婦関係です^^
確かに、コメントを書き込むのに訪問して読んでってしてると
時間があっという間に過ぎますね。
、ミケ猫さんには有益な情報綱として
ここのブログを大事にして欲しいです。
その為には自分の為に時間を作るのが必要ですので
訪問・コメントなどは気にしないでください。
ここに訪問されてる方々のコメントに学ぶ事も多く
せめてブログだけは頑張って更新してくださいね。

Posted by ふぃる at 2009.07.12 23:05 | 編集
訪問あろがとうございました。 お返事がたいへん遅くなってしまい申し訳ありません。私達もまだ手探りですが これから 交流が生まれそうな気がしています。こちらは 慣れないブログですが どうぞよろしくお願いします。また お便りします。
Posted by 梨風蓮塾 at 2009.07.18 13:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。