FC2ブログ
2009.05.24

まず最初は経験させてみることから

教育に関する話題も新型インフルエンザのことにすっかり振り回されている感じがします。
ここ数日、教育に関するニュースから離れた話題で書いていましたが、
今日からまた戻したいと思います。


IMG_0138.gif

暗いニュースや、悲惨なニュースが多い中で心温まるお話を見つけました。
それは入院患者の皆さんに花をプレゼントする活動です。
でも、学校で行うこういった活動に疑問をもたれている方もいらっしゃるかもしれません。

それは今回のお話とはちょっと違いますが、ボランティアのことについてでした。

私がかつて勤務していた学校で、授業の中でボランティア活動を実施しました。
その時にボランティアを学校の授業の中で行うことに異を唱える方がいらっしゃっいました。
『ボランティアは本人の自発性に基づくものであって、授業でさせるものではないのではないか』
という考えからです。もっともなご意見です。

でもそれに対して“ボランティア学習”という言葉があります。
ボランティアとはどういうものかを学び、
実際にボランティアで取り組むような内容を学習として行ってみるものです。
それ自体はボランティアではありませんが、
将来自発的な意志に基づく“ボランティア”に発展する可能性を大きく秘めているものとなります。

何事もやってみないとわかりません。
一般に悪いこととされていることでないなら、
まずやってみせ、相手の方が喜ぶことに触れてみることや
自分自身が充実感や満足感といった喜びを体験してみることで、
その後、自分から進んでこういった活動をする“きっかけ”を作ることは
学校教育において大きな価値をもっていると思います。

【ニュースに見つける思春期子育てヒント】
何事もまず体験させてみる

入院患者に花かご贈る 福山・川口東小児童、心込め(広島)


 福山市東川口町、市立川口東小学校(宮本加代子校長)の4年生80人が20日、同市曙町の楠本病院(飯島崇史院長)を慰問し、入院患者約70人に自作の生け花の花かごをプレゼントした。

 同小の生け花クラブで指導している華道家元池坊福山支部の学校華道委員、鳥越君代さん(71)が「優しさや思いやりの心を育んでほしい」と、2003年から続けている。

 児童らは、総合学習の授業で生けたガーベラやカーネーションの花かごを手に病室を訪れ、お年寄りらに手渡していった。4年前から入院しているという楠本アヤメさん(103)は「長生きをして良かった」と感激した様子で、天岡直斗君(9)は「心を込めて作ったので喜んでもらえてうれしい。早く元気になってほしい」と話していた。
(2009年5月21日 読売新聞)

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

この記事へのトラックバックURL
http://soratobumikeneko.blog64.fc2.com/tb.php/268-7ea182cc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ブログにコメントありがとうございました。

「やってみせ 言って聞かせて させて見せ ほめてやらねば 人は動かじ」と、
昔の人が言いました。

ボランティアは小さい頃から子供たちに積極的に教えるべきですね。
Posted by elleander at 2009.05.25 12:27 | 編集
最初は授業の一環でも、ボランティアに触れることによって
ボランティア精神が根付くかもしれないですよね^^
触れる機会がなかったらそのまま触れずじまいになる事もあるし・・・
子供達にきっかけ・触れる機会を与える事は大人の役目ですね。
Posted by たたみ at 2009.05.25 17:22 | 編集
こんにちは♪

今日はご訪問&コメントありがとうございました。

ボランティア、言葉では意味は分かってもやっぱり
実際をそれをやってみてこそ、それの本当の意味や
素晴らしさが分かる気がしますね。
やっぱり何事も経験ってすごく大事だと思います~。

患者さんたちにお花を、とっても心温まるお話ですね。
いただいた方は本当に感激だと思います(→ܫ◕)

コメレス
本場の讃岐うどんやっぱりおいしいですね(*^_^*)
我が家は香川にも近くて、うどん屋さんも比較的
多い場所ですが、、、でもやっぱり本場で食べる
ものとは比較にならないですー><
ミケ猫さんもまたいつか香川でおいしいうどんが食べられるといいですね♪
Posted by kikineko at 2009.05.25 18:06 | 編集
私もなんでも経験させた方がいいと思っています。その後自分のものにするかどうかは別として。

子供達がお年寄りと関わったりするのはいい事ですよね。前の学校では定期的に老人施設へ行ったり、敬老の日に手紙を出したりしていましたよ。
Posted by 海のいるか at 2009.05.25 19:41 | 編集
確かに本来の意味からいったら自主的に行うものなのかもしれませんが、
それを知る機会はなかなかないですよね。
私はいいことだと思います。
その後続けるかどうかは各々の自由ですが。
お花をもらったお年寄りの方々も嬉しかったと思いますが、
渡した子供さんたちも喜んでもらう嬉しさや多くの事を学んだのではないでしょうか?
学校の机の上では学べないことですよね。
Posted by yuyuhaya at 2009.05.25 20:04 | 編集
募金もボランティアなのかな?
私は盲導犬教会の方々募金活動なさっていたときは、必ず募金しています。
わんこさんたちに助けてもらう。
そのわんこさんの一生を縛ることになるけど
目が見えないのは一番辛いとヘレンケラーはいいましたからね。
わんこさんへの感謝をこめて・・・募金してます。
Posted by 日下ヒカル at 2009.05.25 21:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する