FC2ブログ
2009.05.09

子どもが「普通」に育つ力を応援する

 昨日に引き続きBenesse教育研究開発センターの記事を取り上げました。
小野寺敦子さんの「子どもをのびのび育てるために」の続編です。
IMG_0129.gif

記事の中の2つのことが印象に残りました。
1つは、『子育て以外の生活に目を向けること』
お母さんであれば、日々子育てに関わっている自分を子育てから解放する時間を意識してつくること。
そして、子育てを人生の中のひとつのこととしてとらえ、子育てが終わって後の自分の生き方を、
子育て中からイメージすることを勧めている点です。

もう一つは、夫婦関係が良好で、なんでも言いたいことが言える安定した家庭であれば、子どもは「普通」に育っていくとしている点です。
私は常々、子育てにおいて『良好な夫婦関係』がとても重要なキーポイントになっていると思っているのですが、それがあれば子どもは『普通』に育つとしています。

そう、子どもはみんな普通に育つ力をもっています。
それを実現させる大切な要素が「良好な夫婦関係」なんですね。

もっとも、文章の中に『「普通」であることが難しい時代』とあります。
是非、その『難しさ』を克服したいものですね。

【ニュースに見つける思春期子育てヒント】
子どもが「普通」に育つ力を応援する

いきいきパパ・ママ  ~子どもをのびのび育てるために~
                                   小野寺 敦子

● 最近の保護者の方たちの子育てに対する変化を教えてください。

  お母様には、最近に限らず、育児ストレスの高さが問題になっています。また、子育て以外にも「何かやりたい」「子育てだけで終わりたくない」という若い世代のお母様が増えていて、とても良いことだと考えています。子育ての期間は、一生の中で捉えれば、そんなに長くはありません。子どもを育てる経験を通じて、次に自分は何をしたいのかを考えていらっしゃるようです。
 お父様で言えば、最近、積極的に育児に関わりたいという傾向が、さまざまな統計からも見られます。かつては、妻が子育て、自分は仕事、という性役割がはっきり分かれていましたが、自分も子どもに関わりたいという方が増えてきたのが、最近の傾向として上げられます。

● お母様が生き生きと生活するために、お母様自身が工夫できることはありますか?

 第1回でご紹介した「エゴ・レジリエンス」力も関わってきますが、子育てにおいては、自分のことを我慢して子どもと関わっていくという力も求められますが、それだけではなく、のびのびした子どもを育てるには、自分自身も自己解放するということが大切です。例えば、たまにパパにお子さんを預けてショッピングに行くとか、仲良しだった学生時代のお友達とランチに行くとか、子育ての中でも、自分を解放する工夫をすることが大切です。
 また、子育ては一生続くものではありません。人生の充電期間と捉えてみてはいかがでしょうか。子育てがひと段落したあと、どのような生活をしていたいかイメージしてみてください。それを実現するために、子どもがいてもできること、準備できることを見つけてみてはいかがでしょうか。今は、インターネットを通じてさまざまな情報を得ることができますから、そういった情報収集の時間にあてるのも大切だと思います。

● お子さんのどのようなところを見ながら、エゴ・レジリエンス力を働かせたらいいのでしょうか?

 子どもにも個性があります。2人子どもがいたら、同じ個性ということはなく、それぞれ違う個性があります。その子どもの個性や性格に合せて、働きかけをすることが大切です。例えば、親の言った一言に傷つきやすくて、「ママに怒られちゃった…」と思ってシュンとしてしまう子もいれば、「ママなんか平気だ!」と聞き流せる子もいます。自分の子どもがどういうタイプの子どもなのかを感じ取る力が、お母様に求められています。
 子どものタイプを感じ取るには、親の言った一言に、「子どもがどういう態度をとるか」にアンテナを立ててみることです。子どもは、親の様子を常に見ています。「ママ、今日は怒っているな」とか「ママ、今日は機嫌が良いんだな」ということを子どもなりに感じています。親の様子から、子どもも幸せを感じたり、暗くなったりします。子どもの感受性を察知しながら、親が関わるということが大切だと思います。
 さらに、子どもは「のびのびしている」ことが大切です。「のびのび」というのは、家の中で、安心して、嬉しかったことや嫌だったことを話せる、またそれが自然にできている、というのが「のびのびしている」ことをさすのだと思います。お母さんが暗くなっていると、子どもがお母さんの顔色を見て、「今日はママ、怒っているな。今日は静かにしておこう。今日こんな嫌なことがあったけど、今日は言わずに我慢しておこう。」と、子どもが気苦労してしまいます。これは心理的に不健全な状態といえます。そういったことが起こらないように、お母さん自身がどういう生き方をしていくかが大切だと考えています。

● お父様が子育てに関わるのには、どのような関わり方があるのでしょうか?

 子育てについて、父親の関わりと母親の関わりは異なる、と心理学では言われています。特に父親は、遊びを通して子どもに関わりがなされていることが、さまざまな心理学の調査データから見られます。一方母親は、日常生活の中で、ご飯を作るなどの子どもの世話を通じた関わりが多くなります。
 お父さんの遊びはダイナミックで奇想天外な体を使った遊びをしてくれるので、「パパが大好き」というお子さんが多いでしょう。一緒に公園に行って体をしっかりと動かしたり、想像力を育むという面で影響があります。

● 「のびのび」過ごせる家庭とするために、保護者の方はどのようなことを大切にしたらよいのでしょうか?

 ごくごく簡単なことですが、「ご夫婦が仲良くあること」これが一番大事だと思います。何か嫌なことがあったらご主人に相談でき、ご主人も妻の話に耳を傾ける、ということが日常となっているでしょうか。家族で食卓を囲んで、「今日はこんなことがあったんだ」「こんな嬉しいことがあったよ」「こんな嫌なことがあったよ」というようなことを話すことを日々心がけることが大切です。特効薬やマニュアルはありませんよね。
 夫婦関係が築かれていて、なんでも言いたいことが言える情緒的に安定した家庭であれば、子どもは「普通」に育っていきます。しかし、残念なことに、今の時代、「普通」であることが難しい時代になっています。様々な心的な問題を抱えている子どもが増えています。まずは基本的な生活を大切にする、言いたいことを言える、ということができていれば、子どもは「自分は親から大切にされているな」という思いを持つことができます。こういった思いが、この子の一生を支えていくことになります。日々の生活の中で、子どもに対する思いを伝えていく、ということが大切ですね。

(Benesse教育研究開発センター 2009年2月16日収録)

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

この記事へのトラックバックURL
http://soratobumikeneko.blog64.fc2.com/tb.php/250-f21bdd34
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
いつも思うのですが、「普通」というのは、
何をもって「普通」なんでしょうね?
その人によって、「普通」の線引きが違ったりするでしょ?
自分では「普通」と思っている事が、
人から見た時、「普通」じゃないかもしれない。
なので、「普通の子が育つ」と言われてしまうと、
何か、「う~ん・・・」と考えさせられるものがあるかも。
あたし、ひねくれてますかね?(笑)
Posted by おかん at 2009.05.09 23:57 | 編集
夫婦間で会話の多い家庭は、家の中が明るくて
万が一子どもが非行に走って横道それても
すぐに横道から戻って来ると聞いた事があります。
家庭内の雰囲気は大事ですね^^

Posted by ふぃる at 2009.05.09 23:57 | 編集
何を持って普通とするかわかりませんが、
私の勝手なイメージは個人懇談で
「特に問題ないですね」って言われることでしょうか?
私にとっては夢のような・・・

家庭が安定しているというのは、子どもの心が安定する必須条件だと思いますね。
些細な喧嘩でも、子どもは本当に心配します。
特に母親が不機嫌だと家の中が本当に暗くなるので、それはすごく気をつけてます。

イマドキのお母さんって「子どもの成長だけが生きがい」という人って少ないんじゃないでしょうか?
ランチに行ったり、買い物に行ったり
自分の楽しみを上手に見つけてるような気がします。
まぁ、子育てとのバランスが上手く取れていないとダメですが。

こんな我が家の子ども達・・・いつも懇談会が長引くタイプです。

Posted by yuyuhaya at 2009.05.10 10:22 | 編集
いつも大事なことを考えさせられる記事を
有難うございます。
普通・・・難しいですねぇ。

よく大家族でいろんな人がかかわると良いって
いわれますけど
うちは三世代のほかに義弟などもいて8人家族ですが
それでも不登校になった子がいるのです。
何が良くて何が悪いのか いまだによくわからないなぁ。。
Posted by 園長 at 2009.05.10 14:00 | 編集
「夫婦仲が良い」ことが子供に良い影響を与えることは、納得出来ますね。
我が家は主人が単身赴任になって以来、主人との小競り合いが減り、家庭円満になりました。(顔を合わせる回数が減ったので、当然と言えば当然ですが)でも、たまに帰ってくるときも、以前より穏やかに接することが出来ている気がします。
いつもとばっちりを受けていた娘も、気が楽になったようで、主人ともよく喋るようになりました。
我が家は主人の転勤が、我が家のピンチをチャンスに変えてくれた気がしています。
Posted by にゃにゃごろー at 2009.05.10 22:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する