--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

2010.12.23

お知らせ♪

いつも当ブログにお越しいただきありがとうございます。
おかげさまで体調もバッチリです!
ただ、明日から年末まで出かけてきます。
それで……しばらくブログをお休みいたします。
新年1月1日より再開しますので、よろしくお願いします。

…寒さが厳しくなってきました。
風邪など引かないように留意され、
どうぞ良い年をお迎えください♪


スポンサーサイト

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 20:00 | その他 | COM(4) | TB(0) |
2010.12.21

オキザリス

オキザリス

毒キノコも多い中、おいしいキノコを食べることができるのは、昔食べることにチャレンジしてくれて人がいるから…。
フグをおいしく食べることができるのは、毒のあるのも知らずにフグを食べることに挑んでくれた人がいるから…。

きっとオキザリスの葉を食べた人もたくさんいるんでしょうね。

それさえも食用になるかどうかを確かめる必要があるほど貧しかったのか
それとも旺盛な好奇心があったのか

いずれにせよ、いろんな人のおかげで今があるんだなぁとあらためて思いました。

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 22:40 | 花と詩 | COM(3) | TB(0) |
2010.12.20

シクラメン

シクラメン

“豚の饅頭”
シクラメンの球根を豚の餌にしていたことからが食べていたことからsow breadという英名がつき、それを和訳したらしいです。

“篝火花”
シクラメンを見たある日本の貴婦人が「これはかがり火の様な花ですね」と言ったのを聞いた人が名付けたらしいです。

“アルプスのスミレ”
昔は塊茎のでんぷんが食用とされていたようです。でもほんとは有毒な物質を含んでいたらしいのですが、それでもそんな美しい名前で呼ばれていたようです。

…いろんな名前をもつシクラメン。
花も美しいと思いますが、名前も素敵なものがありますね。

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 22:04 | 花と詩 | COM(2) | TB(0) |
2010.12.19

<赤ワイン>脳機能改善、マウスで神経細胞増殖

螟ゥ_convert_20101219215736


以前はほぼ毎日、夕食の時にお酒を飲んでいた。
仕事を終えては飲む、仕事を終えては飲む…そんな繰り返しの生活に何となく危機感を感じて…

そして長年続けていた教員の仕事を辞めた。

あれからまもなく3年、新しい一歩を踏み出して本当に良かったと思っている。

自分では良き教員だと自負していた
でも、今仕事で学校にも行くことがあるが、そこでいろんな教員と出会うと、
やっぱりあの頃の自分も狭い世界に生き、
どこか傲慢な部分をもっていただろうと気づくことなった。

そんな風に別の視点から自分を見つめ直すことができたこと。
あのまま自分の一生が終わらないで良かったと思うこと。
あのまま続けていたら出会わなかったであろういろんな人に巡り会えたこと。
自由の中に身を置いて、自分で自分の未来を切り開いていける中にいること…。

…数えればきりがないが本当に良かったと思っている。

決して教育の仕事が嫌いなわけではない。
すばらしい仕事だと今でも思っている。
“今”の意識をもったまま講師といった短期間、また機会があったら子どもたちの前に立ってみたい…
そんな贅沢な思いもある。

今日は次男(16歳)の誕生日。
平日はほとんど飲まなくなったお酒であるが…。
今日は食事の後に、ケーキを食べながら赤ワインを飲んだ。

…今日のニュースを見ていると、赤ワインの記事。

私の認知能力も少しは高まったかなと内心喜んでいる。

冒頭の画像は今日制作した版画の種(版画の原稿ですね…)
一番の新作です。

-----------------------------

<赤ワイン>脳機能改善、マウスで神経細胞増殖 名古屋市大
毎日新聞 12月19日(日)2時33分配信

 赤ワインが、記憶に関わる脳の神経細胞の数を倍増させ、認知能力を高めることが、岡嶋研二・名古屋市立大大学院教授(展開医科学)のチームの動物実験で分かった。白ワインでは効果がなかった。近く米国の栄養生化学雑誌に発表する。

続きは追記から…続きを読む

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 22:02 | その他 | COM(6) | TB(0) |
2010.12.18

双樹

蜿梧ィケ縲�霆ス縺Юconvert_20101218200817

植物には自分が伸びるがために、自分より低い位置の植物の生長を抑制するホルモン物質を分泌するものがあると聞いたことがあります。

これはブナの樹でモチーフとなった樹の根元は1本です。途中から2つに分かれてともに空を目指しています。
たとえ元から2本でもこうあってほしいものですが…

私はブナの樹が好きでモチーフとしてよく選びます。
ブナの樹は若木のうちはスラッと天を目指して育っているんです。
ところが老木になればなるほど枝は曲がりくねり、独特の姿になっていきます。
まるで同じ種類の樹とは思えないほどの違いなんです

きっと重い雪を毎冬抱えることで、そうなったのだと思います。
…だからなんか惹かれるものがあるんです。

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 20:18 | | COM(2) | TB(0) |
2010.12.17

ガーベラ

ガーベラ

■学級の人数は少なければ少ないほどいいというものではない。
ある程度の人数がいる中でこそ学べることは多い。

ただ、昨今の小学低学年の状況を見ると、
40人近くいたのでは学級として成立しないような状況もあるようだ。

記事を読むと政治的な、あるいは党内の事情が散見されて嫌な感じもするが、
でも、結果として
35人学級が実現するのは良いことだと思われる。

■35人学級、小1だけで来年度導入…小2見送り
読売新聞 12月17日(金)14時36分配信

 政府は17日、文部科学省が2011年度予算で要望していた「小学1、2年の35人学級」について、小1の35人学級を実現するのに必要な教職員2300人分の人件費数十億円を上積みする方向で最終調整に入った。

*続きは追記で…
続きを読む

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 22:40 | 未分類 | COM(2) | TB(0) |
2010.12.15

雪が降りました



今年はやや初雪が遅かったようですが、初雪とは思えない本格的な降りになりました。
写真はもう夕方近くですので、薄暗いですが…

ところで、会津藩 什の掟に関連した県の条例案が福島県で可決された記事がありました。
何も条例にしなくてもいいような気がしますが、そうでもしないとならない状況なんでしょうか。

中には時代の変化とは関係なく通用するのもありますが、「年長者の言ふことに背いてはなりませぬ」などは、たとえ声高に叫んでもどうかなぁと思います。

でも、最後の一節「ならぬことはならぬものです」は私は好きな言葉です。
最近は幼い子にもかんで含めるように理由をきちんと言うことが主流になっているようですが、
基本的にはそうありたいものの、中には
「理由なんていい! 俺がダメと言ったらダメ」という部分もあっていいような気がします。

追記でasahi.com の記事を引用しています。続きを読む

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 22:30 | その他 | COM(3) | TB(0) |
2010.12.14

母の日

カーネーション

長男は現在2浪中です。
そして今は私たちから遠く離れた千葉で、一人暮らしをしながら受験勉強をしています。
このカーネーションは今年の母の日に彼が送ってくれたものです。
よく鉢花を買ってきてはすぐに枯らしてしまうカミさん、
でもこのカーネーションは大切に大切にしていたようです。

やがて蜂から地に下ろし、庭の一角でいつも1輪ないし2輪の花を咲かせていました。
この花はきっと今シーズン最後の花になることでしょう。
その1輪をとってきて描きました。

今年こそ、彼の願いが叶いますように…と思いつつ。

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 22:54 | 花と詩 | COM(3) | TB(0) |
2010.12.13

教育費:教育ローン利用者の平均198万円、年収の37%--今年度推計

山茶花(蕾)

我が子の教育費を親が全部出すのは当然です。私も2人の子どもを育ててきましたが、別にそれが普通だと思ってきました。

ところで、昨今の少子化あるいは、“結婚したくない”“結婚できない”人たちの増加は、一人一人のレベルでみれば、それぞれに事情があり、別に何が悪いということではありません。
でも、国のレベルで考えるなら、子どもの数がどんどん減るということは大変憂うべきことです。

そういう観点に立ったときには、年収の40%近くも子どもの教育費が占めるというのはちょっと考え物ですね。ますます結婚離れ、子育て離れが起きそうで心配です。

以下は毎日新聞からの引用です。
 小学生以上の子どもを持つ家庭の教育費(在学費用)が10年度は平均で198万2000円となる見込みで、年収の37・6%に達することが分かった。日本政策金融公庫が教育ローンの利用者を対象に調査しており、比較可能な00年度以降で最も高い負担割合となった。
続きを読む

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 21:22 | その他 | COM(4) | TB(0) |
2010.12.12

3か月次男の顔殴り大けが負わす、父親逮捕

薔薇

■年齢で決められることではありませんが…
33歳にもなって、わずか生徒3ヶ月の赤ちゃんが泣きやまないからといって、脳損傷まで起こすような殴り方をするとは…

昨日取り上げたものと根っこは一緒ですね。
自分の思い通りにならないことからカッなり、その自分の感情を自分でコントロールできなくなり暴力に訴える…。

まま、稀に起こったことだからニュースになっているのだと思います。これが日常茶飯事になると報道さえもされなくなると思うとせつなくなりますね。


■以下は読売新聞 12月12日(日)11時58分配信 からの引用です。

 生後3か月の次男の顔を殴って大けがを負わせたとして、京都府警南署は12日、父親の京都市南区上鳥羽北花名町、無職今井農(みのり)容疑者(33)を傷害容疑で逮捕したと発表した。続きを読む

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 21:30 | 暴力・体罰 | COM(2) | TB(0) |
2010.12.11

“妹思い”の兄心ではない!

野に咲く黄色い花

凄惨な事件だと思います。
結果的に殺人ではなく、傷害致死で起訴されたようですが、私が被害者の家族だったらやはり“殺人”で起訴してほしかったと思うことでしょう。

記事のタイトルには“妹思い”とあらましたが、決して妹思いということではないでしょう。単に自分の感情をコントロールできない、幼い心をもった人間ということです。
なぜなら、本当に妹思いであるなら、妹の声に耳を傾けるはず。
嫌がる妹が連れ回されていたのではなく、妹は楽しんでいたはず。それに嫉妬?した容疑者が自分の激高する気持ちをコントロールできなくなったということでしょう。

1対1ならともかく、逃げられないように大勢で囲んだ状態で一方的に殴り殺したとなれば殺人以外のなにものでもないような気がします。

どうも最近の報道を見ると加害者に対して甘いような気がします。「目には目を…」とまでは言いませんが、もっと被害者側の立場に立つ必要があるのではないかと…

以下はYahooで取り上げられていたニュースの引用です。

 車内で発見された2人は顔が判別できないほど腫れ上がり、血まみれで意識を失っていた-。神戸市須磨区の小学校前で10月末、元専門学校生の釜谷圭祐さん=当時(19)=と友人の榊原諒さん(19)が暴行され死傷した。兵庫県警は殺人、殺人未遂事件として捜査本部を設置したが、発生当日に現場近くに住む無職の松田智毅被告(22)=傷害致死罪などで起訴=が出頭したことで急展開。10月から11月にかけて、松田被告に呼び出された少年ら5人も逮捕された。ところが、松田被告は「妹を(釜谷さんらに)連れ回されて腹が立った」という動機しか供述していないとされる。2人の少年は妹と夜遊びをしていただけで、なぜ壮絶な暴行を受けなければいけなかったのか。いまだ解明できない“心の闇”が残されている。

続きは追記で…(ちょっと長い記事です)続きを読む

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 21:10 | 暴力・体罰 | COM(3) | TB(0) |
2010.12.10

できちゃった婚」4人に1人、若いほど高率

ビワ

びわの花が今頃咲くことにびっくりしました。
散歩の途中に木があるのですが、何だか花が咲いているようで…。
近くに寄ってみたら小さな花がひっそりと咲いていました。

蕾は毛に覆われていて暖かそうでした。
寒い時期にちゃんと合わせてあるようで…。


「できちゃった婚」…以外と高率なんですね。
芸能人に多かったりするから、だんだん抵抗なくなってきたのかな。
それとも10代では80%という高率というのを見ると、
深い考えもなくコトに及んでいるのか…。

以前なら眉をひそめる人も多いのでしょうが、
少子高齢化の社会で、結婚しない人が増えている中では
ある意味もあるのかもしれません。

…賛否両論あるところでしょうが…

続きは読売新聞からの引用です。続きを読む

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 18:39 | その他 | COM(4) | TB(0) |
2010.12.09

ピーマン

ピーマン

よく小学校の先生の中に、子どもたちに給食を食べることを無理強いする方がいらっしゃいます。
指導だ、食育だと言っても所詮食事は食事。
感謝しながらおいしくいただくことが一番だと思っています。

たくさんの量を食べられない子もいれば、好き嫌いのある子もいます。
「栄養が偏らないようにすべて食べないといけな」などとあまり気張らない方がいいような気がします。
好きだからといって他の子のものをとって食べるのならいざ知らず、自分の給食は自分が(家の人が)お金を払っているんですから、いらぬことを気にしないで楽しく食べたいものだと思います。

そうはいっても食べず嫌いの場合もあります。
家庭ではなかなかできないような、いろんな食材を使って
いろんなおいしい食べ方を教えてくれるような給食だといいですね。

私は長年中学校に勤務していましたが、給食の時間になると
「小学校の時ねぇ、お昼休みなのに全部食べるまで席を離れさせてもらえなかったんだよ~」
「嫌いなものが出たとき残したら、叱られて泣くまで許してくれなかったよ」
そんな話をよく聞かされたもので、つい思い出してしまいました。

幸い我が家の兄弟は特別な好き嫌いもなく育ってくれました。
ピーマンは特に大好物なようで(笑)

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 20:29 | 身近な絵 | COM(4) | TB(0) |
2010.12.08

施設児童らへ虐待59件

ミニトマト

ほんとは鈴なりになっている様子を描きたいと思いましたが、
パックに入っているミニトマトはすでにバラバラなもので…

トマトを切って弁当に入れると崩れて大変かと思うのですが、
ミニトマトは実に便利、彩りも豊かになっていいですね。

ところでとても残念な記事を見つけました。
それは虐待を受けた子や家庭で育てられない子どもたちを養育する児童擁護施設などで、その施設職員らによって虐待が行われていたというもの。
しかも、それが1件ではなく、昨年度1年間で59件もあったということです。

家庭で虐待を受け、きっと体や心に傷をもってしまったであろう子どもたち、
その子たちがやっと安心して暮らせる場所に巡り会えたと思ったら…

何だか考えさせられました。

記事は追記で引用紹介しています。続きを読む

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 21:40 | その他 | COM(4) | TB(0) |
2010.12.06

ぶんしめじ

しめじ

これから冬に向かい、鍋のシーズンにはよく見かける花ではなく、食材です。
多くのキノコの中ではカチッとした形をしていると思います。
ポットで栽培されているのでひしめきあって育っている感じです。
1株はとても描けないので、少しだけ描いて…
また冷蔵庫に戻しておきました。

明日あたりは鍋かな?

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 23:22 | 身近な絵 | COM(5) | TB(0) |
2010.12.05

ナナカマドとイラガのマユ

冬囲い(といってもわずかばかりの小さな木の枝をないろん紐でぐるぐる巻きにするだけですが…)をしていてイラガのマユを見つけました。
見つけても抜け殻のことが多いのですが、今回は二つ仲良くついている両方ともまだ主がいるようです(笑)

子どもの頃よくこの幼虫に刺されました。
…といってもビリッと電撃が走ったような鋭い痛み、
そしてしばらく尾を引く痛みが強くて、
当のイラガの幼虫を見つけることなく「何に刺されたのかわからない」状態のことも多いのですが、
独特の痛みはイラガです!

刺されない限り、よく見るととてもきれいな色だし、
きれいな形(?)なんですけどね(笑)

来春、この幼虫に刺されたら嫌だなぁと思いつつ、
絵を描いた後、そっと枝はもとの場所に括り付けてきました。

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 22:02 | 未分類 | COM(3) | TB(0) |
2010.12.04

プレクトランサス・モナ・ラベンダー

プレクトランサス

昨年「わぁ、きれい!!」とカミさんと気に入って買ってきた鉢。
いっぱい花を咲かせてくれました。

大事にしていて上手に冬を乗り越えようとしていたのですが、
春先、寒暖の差が激しいときに一気にだめになってしまいました。

その後、庭の木々の間に置いておいたのですが、
ほとんど枯れたと思われた一部からいつのまにか芽を出していました。
やがて葉が茂り小さいながらも元気になってきたのですが、
なかなか花を咲かせません。

本来の開花の時期を越えたと思うのですが、
秋になって元気に咲き出しました。

でも、もうその花もまばら…
また冬を迎えます。
この冬こそ上手に乗り越させたいと思っています。

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 21:00 | 花と詩 | COM(3) | TB(0) |
2010.12.04

シロタエギク

白妙菊

銀白色の綿毛に覆われた白妙菊の葉
元の緑色と綿毛の白が絶妙に重なり合って趣がある。

よく見ると葉の形は雪の結晶(通常六角形)の1角のよう。

丁寧に見て描いたつもりだが
葉の数がとても多くてその一部しか描けなかった。
そして、描いたものを見て愕然

白妙菊というよりは葉の色が褪せたタンポポのよう
難しいものだ。

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 00:21 | 花と詩 | COM(4) | TB(0) |
2010.12.02

さざんか 白

山茶花白


散歩をいていると今度は白いさざんかが咲いていました。
まだ固いつぼみの樹もあります。
いったいどんな色を見せてくれるのでしょう。

今日は「子どもは地域で育てる」という毎日新聞の記事を取り上げてみます。
「自分が育てられたように子どもを育てる」
…そうやって様々なことが“連鎖”することが多い中で、
なんだかすごい人(人たち)がいるなぁと思いました。

今すぐ自分に何ができるわけではないですが、
何か考えさせられました。

記事の内容は追記で…続きを読む

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 19:17 | 花と詩 | COM(2) | TB(0) |
2010.12.01

ゼラニューム

ゼラニューム

秋も深まり、雪のたよりが聞こえる頃になってきました。
多くの花は終わり、
葉もほとんど落ちてしまいました。
毎日描いていると描くものがだんだんなくなってきます(笑)

ちょうど近所のお家が冬を前に庭の手入れをしていました。
犬と一緒におじゃまして見ると
可愛い花が…

名前は「たぶんゼラニュームの一種だと思うんだけど…」
ということですので、間違っていたらお許しを
ほんの2cm程度の可憐な花でした。

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 20:01 | 花と詩 | COM(3) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。