--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

2013.05.31

名作と誤って教室でアダルトビデオ再生した教諭

まぁ、うっかりの出来事としたら、脇が甘いとは思う。
でも、意図的に流したのでなければ、ニュースになるようなことなのだろうか。

何だかせちがらい世の中になってきたなぁという印象をもった。

もっとも、酷い事件が多いからつい目くじらを立てたくなる気持ちはわかるが…。


元の記事は 「続きを読む」からどうぞ続きを読む
スポンサーサイト

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 23:01 | 学校・教師 | COM(0) | TB(0) |
2012.11.21

心理的ストレスを解消

紹介した記事で指摘しているように、
いじめられる生徒の心の状態だけでなく、
いじめをしている生徒の心の状態にも注目する必要がある。

なぜなら、いじめが悪いことを理解できない生徒はほとんどいない。
わかっていてもしてしまう、その心の状態がポイントだからだ。

これは決して加害者を甘やかすことではなく、
きちんと責任を果たせると同時に、
心の状況を変えるアプローチが必要と言うことだ。

記事では月1回の授業で好転…とありますが、
そういった数値はアンケートの取り方、
取るときに投げかける言葉で簡単に変わります。

逆に、月1回の取り組みで変わるような結果では
もともと深刻な状況ではなかったかもしれません。

それほど難しい問題だと思います。

記事は …続きを読む… で紹介しています。

続きを読む

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 21:32 | 学校・教師 | COM(0) | TB(0) |
2012.11.17

仲裁役 まずは子ども

“昔は…”という言い方自体が問題かもしれないが…。

昔は子ども同士でけんかをしていても結構放っておいた。
見かねて子どもが止めに入ることも多かった。

いつの間にか、
すぐに大人(学校であれば先生、兄弟けんかであれば親)がすぐに止めに入っています。

学校の場合は、モンスターペアレンツに代表される、保護者からの批判をさける力が大きく働いていると思う。
家庭の場合は、親に放っておく自信がなくなったのではないかと思う。

すると、どうなるか…。
いつか大人が止めに入ると知っている子は、
自分たちの力でけんかに終止符を打つことができなくなってしまった。
故に際限なくエスカレートする事案も多い。

今回紹介する取り組みはその問題の打破をしようとするものだと言える。

大人は、自分で解決するよりも何倍のエネルギーの必要な
この方法を試してみる価値がありそうだ。

記事は、…続きを読む… から

続きを読む

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 20:53 | 学校・教師 | COM(3) | TB(0) |
2012.11.16

被害者が退場しなければならない社会はダメ!

■Facebookからお越しの方へ 紹介した記事はひとつ前に掲載しています。

ニュースを見ていると被害者の氏名や、その状況などは克明に報道されることが多い。
内容によっては、かなりプライベートな部分に踏み込んでおり、その土地にそのまま住むのは辛いだろうなと思うことも多い。

一方では加害者の人権は何重にも保護されている印象がある。
被害者はあっさり実名が出ても、加害者は「Aさん」のままだったりして…。
確かに容疑者であるうちは難しい面もあるだろうが…。

いじめにあった生徒がひっそりと転校しようとしたものを阻止した教師がいる。
こういう先生が多ければもう少し親子ともに安心できようが。
多少荒っぽくたって被害者にさらに辛い思いをさせるよりはよほど良いと思うが…。

記事を紹介します。

-------------------------------
続きを読む

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 18:12 | 学校・教師 | COM(0) | TB(0) |
2012.11.10

土曜授業、大阪で10年ぶり復活 「脱ゆとり」市立小5校で先行実施

土曜授業復活を子どもたちはどう受け止めているんでしょうね。

土曜日の時間をもてあましているのだったら、
地域人材による特別授業や、体験活動、スポーツや文化的活動などにあてるのは良いと思います。

ただ、教員が週休2日のわけで、
現在の体制の中ではなかなか難しい側面もありますね。

教育は百年の計、という言葉がありますが、
慎重に進めたいところ。

どこかの大臣のように
今までの流れを簡単に覆す暴挙を生んでは困りますから…。

参考にした記事は …続きを読む…から

続きを読む

にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽち応援いただければ幸いです

Posted at 12:41 | 学校・教師 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。